治療中断中のお客様へ: 8月1日以降の台湾入国について

新型コロナウイルスの感染拡大によって、今年3月18日からは台湾籍を除く全ての外国人の方々の台湾への入国が禁止されておりました。
そうした中で台湾政府より、治療の中断を余儀なくされた海外の患者の受け入れを8月1日より開始すると発表がされました。
なお、対象とする項目には生殖医療が含まれており、胚移植等の目的は入国可能項目に該当するとされています。

当院としましても、台湾政府の方針に沿って日本からのお客様の受け入れを再開させていただくことと決定いたしました。
いつ移植ができるようになるのかご不安なお気持ちのお客様が多くいらっしゃること、私たちとしても可能な限りの対応をさせていただきたいと考えております。
しかしながら、お客様でのPCR検査結果やビザの取得、そして台湾到着後14日間の隔離滞在期間が発生するなど多くの不便もございますので、下記に説明いたします。

【日本のお客様側の対応】
■必要となる書類
1. 搭乗前3日以内に実施したPCR検査の英語の陰性証明
2. 医療保険あるいは財力証明 ※要確認
3. 検疫誓約書 ※要確認

 

■事前準備
台北経済文化代表処(在外公館)での書類申請が受理され、ビザの発給を受けること

 

■台湾での外出禁止期間(隔離期間)
ホテルでの14日間の隔離生活、外出禁止。
その後自費検査を受け、陰性であることが認められれば隔離解除。

なお、台湾政府から公表された資料を日本語に翻訳した図となり、必要な内容、そして全体の流れをご説明します。(​クリックして拡大)

台湾入国_1.jpg
台湾入国_2.jpg

【当院の対応】
お客様の受け入れにあたり、政府への計画書の申請や滞在先ホテルの手配などさまざま事前手続きが必要な状況となっております。
当院からも政府機関への確認を行いましたが、医療機関側への詳細な内容はまだ通達されてはおらず、まだ詳細不明な点も現時点で多くあります。
当院でも手続きを確認しながら進めるため、来院を希望される方への即時の対応が難しい可能性がありますこと、また手続きに関わる費用はお客様のご負担となりますこと、その点ご了承いただきますようお願いいたします。

すでに受精卵・胚盤胞の凍結保存をしており、移植をご希望される方は、当院までご連絡いただきますようお願いいたします。

どうしても確認にお時間をいただき、かつお客様ご自身での日本の台北経済文化代表処との確認が必要となることと思いますが、当院でもお一人ずつ流れを決めて、進めていければと思っております。

当院メールアドレス: info@dashin.jp

過去の情報

​・6月24日の投稿

6月3日の投稿

5月21日の投稿

卵子提供 / 不妊治療

大新生殖中心

​Dashin Reproductive Center​

台湾 台中巿南屯區大進街449號 (繁體中文English)

TEL: +886-4-2320-6969

E-Mail: info@dashin.jp

平日10〜19時で日本語可能なスタッフが常駐していますので、ご質問ありましたら、メール・お電話にてお気軽にご相談ください。

原則土曜日は13:00まで、日曜日は休診となります。

*卵子提供のいろはでも、治療をより詳しく説明をしています。

  • 大新生殖中心 Facebook
  • Instagram
  • 大新生殖中心 Twitter
  • 大新生殖中心 Youtube
  • thumb_ameba
  • 大新生殖中心 Facebook
  • Instagram
  • 大新生殖中心 Twitter
  • 大新生殖中心 Youtube
  • 大新生殖中心 Blog